三菱地所プロパティマネジメント株式会社

MJPM RECRUIT SITE

BUSINESS FIELD 01

運営

不動産経営の根幹である契約管理

オフィスビル、商業施設など、規模や形態も様々な物件の運営業務を担っています。賃貸借に関する契約交渉を行い、不動産の収益、価値向上を追求します。テナント、オーナー、AM等様々なステークホルダーの中心に立ち、施設価値の向上に努めています。

  • 対象不動産周辺のマーケットリサーチ
  • 賃貸条件などリーシング方針の立案
  • 新規テナントの誘致
  • 既存テナントの賃料等条件交渉および窓口業務
  • 賃料や共益費の請求書発行・入金、未入金確認
  • オーナーやアセットマネージャーへの各種レポート作成
  • 商業施設の売上金管理、販促活動、テナント会運営など
<Point 01:オフィス運営>

サービスの向上と更なる収益の最大化を目指す

主にオフィスビルのリーシングから契約交渉、入居対応までテナントに寄り添って行い、入居後も要望を汲み取って快適なビジネス環境を提供するなど、長く契約してもらえるよう信頼関係を構築していきます。オーナーへビルの収支報告を行い、収益が最大化できるような提案を行うことも重要です。オーナー、テナント双方から信頼される存在として、常にサービスの向上とコストのバランスを意識したソリューションの提案を行っています。

<Point 02:SC運営>

街の活性化につながる魅力ある商業施設づくり

多くの一般来館者が訪れることで、テナントの売上向上がビル全体の収益最大化へとつながり、オーナーへと還元することができます。そのために魅力ある商業施設をつくっていくことがSC(商業施設)運営管理の重要な使命です。世の中のトレンドやニーズ、エリアの特色にあったテナントのリーシングをはじめ、販促活動、集客アップにつながるイベントの実施・運営、テナントの教育などの幅広い運営サポートを行っています。

<MJPM豆知識:リーシング>

テナントを誘致し、収益と魅力の向上を図る

リーシングとは、テナントを誘致する営業活動のこと。テナント誘致といっても電話や飛び込みのような営業活動は行いません。まずは今入居しているテナントの増床意向や要望を伺い、条件交渉を進め、契約につなげていきます。大事なことは「長くいたい」「入居したい」と思っていただける信頼関係をつくることです。今のテナントに増床の意向がなく解約となる場合は、仲介会社を通じて新規テナントの募集を開始します。オーナー、テナント、仲介会社等と情報を共有して連携をとり、空室期間を短くすることで、ビルの収益を最大化させることが重要です。