三菱地所プロパティマネジメント株式会社

MJPM RECRUIT SITE

MJPM MEMBERS

新入社員座談会

Members Profile

遥太郎
経済学部卒業
有楽町営業管理部
2018年入社
営業管理系総合職
平渡 梨穂子
都市生活学部卒業
丸の内営業管理部
2018年入社
建築技術系総合職
加藤 進介
創造理工学部卒業
有楽町営業管理部
2018年入社
建築技術系総合職
青木 七海
法学部卒業
大手町営業管理部
2018年入社
営業管理系総合職

それぞれの「MJPMを選んだ理由」とは?

最近、お客様をご訪問したり書類をつくったりと仕事を任されるシーンが増えてきたのですが、先輩や上司が温かく見守ってくれ、のびのび働ける職場だと実感しています。僕はずっとスポーツをやってきた経験から「一緒に働く人」を重視してMJPMを選んだのですが、皆さんが入社を決めた理由は何ですか?

平渡 私はもともと建築や街づくりに興味があって、大学でもそうした分野を学んでいました。就職活動の時にMJPMの存在を知り、街との調和を考えながらビルを運営・管理する仕事って魅力的だなあ、と。入社の決め手は、「人」の温かさ。面接でも最後までしっかりと話に耳を傾けてくれて、人材一人ひとりに向き合う姿勢を感じました。どんなに好きでも、周りの人と力と心を合わせられなければ、いい仕事はできません。この会社なら充実した仕事ができそう、と思ったんです。

加藤 僕も大学で建築を専攻しており、いずれは一級建築士の資格を取得したいと考えるようになりました。そのためには、2年の実務経験が必要になります。では何をして、どんな環境で働くかを考えた時に、森くんや平渡さんのように、一緒に働く人が重要だと思いました。就職活動の中でも社員や職場の雰囲気を見るようにしていて、何社か選考が進む中でMJPMの対応がとても温かいなと。企業について理解するごとに、「この会社で働きたい」という気持ちがふくらむのを感じましたね。

青木 父がビル管理をしていたので、PMは私にとって身近な仕事でした。ビル管理を中心に企業を見ていく中で、MJPMは築年数の経ったビルも新築ビルも扱っていて、最新の設備にも関わるなど、いろいろな経験ができそうな点に魅力を感じて、入社を決めました。

仕事のやりがいや面白さを感じる時とは?

青木 先ほど森くんが「仕事を任される機会も増えてきた」と話していましたが、私も最近、テナント様にビルの館内ルールや工事の内容などについて一人で説明しに伺うことがよくあって。「青木さんはいますか?」と自分宛てに電話をいただくこともあり、お客様との信頼関係が着実に強まっていることにやりがいを抱いています。皆さんは、どんな時に仕事の面白さややりがいを感じますか?

テナント様を訪問すると、社長や幹部社員など、通常、入社1年目ではなかなかお会いできないような方とお話する機会があります。緊張はしますが、学べることがとても多く、この仕事に就いて良かったと思う理由の1つになっています。それから、自分の対応でテナント様に喜んでいただけた時はやはりやりがいを感じますね。先日も「ビルの案内看板にある企業名の英語表記を修正したい」とご要望が寄せられて。誤字ではなく、表記のスタイルを変えたいとのことで緊急性はなかったのですが、お話を伺って速やかに対応したところ、感謝の言葉をいただきました。お客様の気持ちを自分のことのように考え対応する姿勢が、この仕事では大切なのだと学びました。

平渡 入社当時、打合せに同席してもわからない用語が多く、後で用語辞典を調べたり先輩に教えてもらうといった勉強が欠かせませんでした。最近では、入社当初に比べて、だんだん話の内容が理解できるようになり、それとともに、自分がどう行動すればスムーズに業務が進むかも少しずつではありますが判断できるようになってきたのかなと。工事のスケジュールを把握して施工会社さんにこの段階で見積りをもらおうとか、自分で考えて行動できた時に、少し職場の役に立ったかな、と思ったりします。

加藤 携わっているビルが現在大規模リニューアル中で、10以上のフロアで一気に工事を進めているので、どこの階でどんな工事をしているか、日々把握するのに四苦八苦しています。現地に足を運んで進捗状況を確認するのも仕事の1つなのですが、多種多様な工事の様子を間近にできることが楽しいです。内装がすべて取り外されている状態だと、ビルの躯体はこんな感じなのかとわかりますし、工事が進んでその状態が少しずつきれいなオフィスや店舗のスペースになっていく様子を見るのもワクワクします(笑)。内部まできちんと手入れをしてビルの状態を保っていくという、仕事の意義を肌で感じる瞬間です。

「働く環境」としてのMJPMは?

加藤 先にも言った通り、僕は就職先を選ぶ際に「働きやすい環境かどうか」を1つの評価軸にしていました。MJPMは雰囲気が温かく活気もあって魅力的でしたが、とはいえ「残業が少ない」といった説明の通りには、現実的にはいかないだろうな、と思っていました。ところが入社してみると、本当に定時で帰れる日がほとんど。営繕部門は建築のほか、電気、機械と分野が分かれているのですが、就業時間に効率良く仕事が進むよう、それぞれ協力し合って。毎日退社する時は「今日もがんばったなあ」と充実感を覚えます。

青木 フレックス制度は、上司や先輩も当たり前に利用していますよね。育児休業制度なども充実していて女性が働きやすい職場だという印象がありましたが、入社してみると社員が皆、自分の裁量で時間を決めて働いているから、イキイキしている。この間は、私たち18年度入社の女子社員で揃ってフレックス制度を利用して、ディズニーランドに行きましたよね(笑)。

平渡 先輩や上司も周囲も温かく送り出してくれて、うれしかった。有給休暇も「そろそろ取ったら?」と周りが声をかけてくれるんですよ。職場の人は皆さんやさしくて、困っている時はすぐに気づいてサポートしてくれます。「若手をみんなで育てよう」という雰囲気があるのを感じています。営繕担当の新卒採用は私たちが初めて、と聞いて緊張していたけれど、周囲のバックアップを受けながら、スペシャリストとして着実に成長していける環境だと実感しています。

これからの目標は?

平渡 MJPMの人は、担当ビルに対する想いが熱い。ビルをより良くするために全力を尽くす姿勢に、尊敬の念を抱くことがよくあります。そんな人たちに「一緒に仕事をしたい」と感じてもらえる人材として成長することが、私の当面の目標。キャリアに関しては、竣工前PMに携わるなど、いずれは街づくりに深く関わる経験をしたいですね。

青木 私は「あのビルのことなら青木に聞け」と言われるくらい、今担当しているビルに精通したいと考えています。そして、現在のPM業務でテナント様やビルオーナー様、来街者の方と接することで「人がこの場所に何を期待するのか」の知見を積んで、将来はビルや街をにぎやかにするプロモーションに携わることが目標です。

僕も、まずは今担当しているビルの管理を極めたい。その次は、築年数が経ったものや新築、オフィスビルに商業ビルなどさまざまなタイプのビルを担当して、PMとしてのスキルの幅を広げたいですね。そしてその経験を活かして、いずれ挑戦したいのがリーシング。テナント候補者へのアプローチからご案内、契約、入居サポートまで全部一人で担当できるようになりたいと考えています。

加藤 僕はやはり一級建築士の資格を早く取得したい。その勉強の中で、今担当している建築の仕事についてもより深く理解したり、新たな視点からお客様にご提案することができるようになっていくのではないかと思っています。仕事面では、丸の内エリアのメインロード「丸の内仲通り」に面しているビルに関わる業務がしてみたいです。皆さん、これからも一緒にがんばりましょう!

※掲載内容は取材当時のものです。