三菱地所プロパティマネジメント株式会社

MJPM RECRUITING

マイナビ2023

MJPM MEMBERS

社員インタビュー 10

Profile

松島 誠

2017年度入社 営業管理系総合職
Interview 01

入社のきっかけ・動機

当社へ転職する以前は百貨店に勤務し、接客販売だけでなく仕入れ、売場運営、営業企画などの業務に携わっていました。改装プランの策定や収支計画立案といった百貨店全体をマネジメントする仕事にやりがいを持って取り組んでいましたが、年齢を重ねるごとに「もっと自分自身を成長させたい」という想いが募り、視野を広げるためにも新しいことに挑戦してみたいと思うようになりました。そこで、百貨店という「点」の商業施設ではなく、街という「面」を舞台に取り組める不動産の運営管理業務に興味を持ったのです。三菱地所プロパティマネジメントという会社を知ったときには、「ここだ!」と確信めいたものを感じました。

Interview 02

現在の仕事内容

テナント様とのリレーション強化と売上拡大を目的とする商業専門の部署に所属し、丸の内エリアにおける物販店舗を担当しています。テナント様と定期的に面談し、PDCAに基づいた課題解決策の検証・実施を通じて、一緒に目標達成を目指していくのが私の役割です。複数のビルを横断して担当しているため、エリア全体を意識した提案ができるよう努めています。丸の内・大手町・有楽町を中心とした“街づくり”に携われる醍醐味は、当社ならではのものだと思います。

Interview 03

仕事の難しさ・やりがい

やはり街全体を面で捉えて取り組むことのできるスケールの大きさは格別です。前職の百貨店では「来店されるお客様の満足」が最大の目的でしたが、プロパティマネジメントはビルオーナー様やテナント様、そして街に訪れるお客様など「ビルにかかわる、すべての人の満足」の最大化が目的です。調整力が問われる仕事であり、一方向だけにとらわれることなく、バランスよく目配り・気配りをしなければなりません。そこが難しいところであり、やりがいでもあると感じています。また、現在の仕事で日々接しているテナント様は、いわばかつての私と同じ立場です。テナント様の気持ちがよくわかるだけに、より高いモチベーションで業務に当たることができています。

Must Item

ビジネスシーンでも使い勝手の良いバックパック。電車移動や保育園の送り迎えを考えると両手空きはマストです。かなり大容量なので、外出時のPC持ち運びはもちろんOK。1泊程度の荷物は余裕で入るので、たまの出張時においても大活躍しています。

My On Off

週末は朝のランニングが日課です。暑い日・寒い日は億劫になることもありますが、朝の清々しい空気が心地よく、走った後の達成感もあり続けています。朝食もいつもより美味しく感じられ1日の始まりが良いスタートを切ることができ、夜もぐっすり眠れるのでおすすめです!

※掲載内容は取材当時のものです。

エントリーはこちら
マイナビ 2023