三菱地所プロパティマネジメント株式会社

MJPM RECRUIT SITE

MJPM WORK STYLE REFORM

MJPMの「働き方改革」

働き方改革の取組みについて

当社では2016年度から「働き方改革」への積極的な取組みをスタート。2017年度には「働き方改革室」を新設し、全社一丸となった改革を進めております。働き方改革を推進することによって社員の健康状態向上はもちろんのこと、育児や介護などライフステージの変化に合わせた多様な働き方を実現することにより、“長く働くことができる会社”を実現できると考えているからです。

MJPM式働き方改革 PICK UP 01

多様な働き方

在宅勤務制度、フレックスタイム勤務制度、サテライトオフィスの利用等、従業員のライフスタイルやライフイベントに合わせた多様な働き方が可能となる制度を次々と導入し、社員各々のライフワークバランスを実現しています。現在も新たな制度としてテレワーク勤務制度の導入を検討中。まずは期間限定のトライアルを実施し、新年度より正式導入予定となっております。

MJPM式働き方改革 PICK UP 02

女性活躍推進

有志女性社員による社内ワーキングの実施や社外交流プログラムへの参加などを行い、女性のみならず、全社員がより働きやすい環境を創出するための検討・実証実験を進めています。結婚・出産・育児等のそれぞれのライフイベントに合わせた各種制度を整備することにより育児と仕事の両立を支援しています。例えば、職場復帰をするために子供を預ける保育園を探す「保活」をサポートする制度や、復帰後の時短勤務制度など、子育てをしながらでも働きやすい職場環境を整備することにより、育休を取得する社員のほとんどが退職することなく職場復帰しています。
※2019年12月現在

MJPM式働き方改革 PICK UP 03

活発なコミュニケーション

当社で仕事を推進する上ではチームワークがとても大事であると考えています。チーム内でのコミュニケーションをより活性化していただくことを目的として、日常の業務から離れ、チームコミュニケーション活性化に必要な費用を会社が補助する制度を実施しています。普段の飲み会とは一味違ったイベントを開催することにより、社員同士のコミュニケーション活性化を促進し、より良いチームワークを創出します。

MJPM式働き方改革 PICK UP 04

働く環境の整備

社員がより快適に、より創造的に働けるためには働く環境が非常に重要だととらえています。そのためにはオフィス等の就業環境整備は必要不可欠であると考えております。フリーアドレスを導入することにより固定的な席では実現できない多様なコミュニケーションを創出したり、集中BOX(集中できる個室スペース)を設置し短期集中できる環境を整えたり、社員同士の気軽なミーティングやカフェテリアとして使えるコミュニケーションスペース等を整備したり・・・。今後も働き方の変化に合わせた、働く環境整備を進めていきます。

MJPM式働き方改革 PICK UP 05

新規事業への取組み

働き方改革による生産性向上により創出されたリソースを用い、柔軟な発想による新しい事業を生み出すことにチャレンジしています。当社では毎年新規事業公募制度により社員発案の新規ビジネスを募集。当社事業との親和性や収支計画等を勘案し、当社にとって有益であると判断された場合は実際に事業化されます。この新規事業公募制度を通じて、子供と一緒に働けるオフィス「コトフィス」や、大手町温泉を手軽に楽しめる「大手町の湯」の発売など、様々な新規事業が生まれています。これからも働き方改革を推進することにより、既存の事業にとらわれない新規ビジネスを創出していきます。