Recruiting site

MENU

MJPM MEMBER 社員紹介

CORPORATE 24

鏡堂 祐貴

プロモーション事業部 2008年入社

現在の仕事内容

主に東京・丸の内エリアにおける、イベントの企画・運営業務を担当しています。ビル内にあるイベントスペースや、丸の内仲通りをはじめとする公共空間(道路空間)にて、季節に応じた様々なイベントを展開。1年を通じて、街の賑わいの創出に尽力するのが基本的なミッション。中でも私の所属する直営事業ユニットは、外部のクライアントをメインターゲットに、イベントスペースや広告媒体の販売、プランニング、そして実施に向けた調整までをトータルに担っています。

仕事での難しさ・やりがい

イベントは、社内外の多くの人と連携して進めていくことになります。関係者が多いので、意見の集約や調整はなかなか大変。しかも、開催日は決まっており、限られた日数の中で様々な準備を進めていかなければなりません。プレッシャーを感じることもありますが、無事にイベントをやり遂げることができたときの達成感はひとしお。また、イベントの来場者の方々の楽しんでいる表情や反応を間近で感じられることも、この仕事のやりがいですね。

今後の目標

三菱地所以外のオーナーが所有するビルの開業業務を経験してみたいと思っています。ビルの開業は、決めなければならないことや調整しなければならないこともたくさんあり、一筋縄では行かない業務であると思います。反面、無事にオープンしたときには、大きな達成感も感じられるものです。現在の部署では、札幌にある複合ビルのオープンに向けた販促活動、イベントの企画・立案、オープン当日の運営のほか、商業ゾーンへのデジタルサイネージの設置提案等、プロモーションの面からビルの開業業務に携わりました。その中で培ったノウハウや以前の部署でのオフィスビルの営業としての経験を活かし、より複雑なスキームのビルの立ち上げにも挑戦し、スキルアップしていきたいです。

企画・コンサルティング

PLANNING & CONSULTING 25

篠原 裕幸

営業開発部 2012年度入社

現在の仕事内容

営業開発部という部署で、当社の営業領域を広げるべく、東南アジア諸国における新規開発物件や既存物件のコンサルティングに従事しています。当社に興味を持っていただいた現地の事業者に対しプレゼンをし、様々な条件の交渉を行います。諸条件合意後、日本と現地を行き来しながらPM業務関連のサービスを提供していくことになります。最近では、ベトナムのホーチミンで、現地のPM会社をレベルアップさせる業務を担当。2週間程度の長期出張を何度も繰り返しながら、当社の技術やノウハウを伝えています。

転機になった仕事

以前、オフィスビルの運営管理を担当していたときのこと。あるテナントの退去が確定し、2フロアもの空室発生が見込まれました。そのため、空室になる前から別フロアに入居中のテナントに根気よくアプローチ。その甲斐あって、1日も空室期間を出すことなく増床していただくことに成功しました。ビルオーナーは空室を抱えずにすみ、既存テナントはオフィスの拡張というニーズを満たし、そして当社も収益を確保。関係者全員が満足する結果を導くことができたのは、私にとって大きな成功体験になりました。

今後の目標

現在は受託条件の都合上、出張を基本として業務を進めていますが、今後、担当する案件が増えて業務量が安定したら、現地に常駐して業務を行いたいと思っています。常駐することで現地の方々との距離は近くなり、お互いを深く理解することで、次の仕事に繋がっていくと考えています。さらに、現地で得た知見を日本に持ち帰ることで、日本での業務もレベルアップさせることができる。そのためにも、まずは今の業務を通して、より多くの成果を上げていきたいです。

コーポレート

CORPORATE 26

飯塚 孝之

経理部 2009年度入社

現在の仕事内容

有楽町営業管理部所管のビルの損益に関わる、請求入金や支払い。また、会社全体の予算の取りまとめや四半期毎の決算業務を担当しています。業務の性質上、扱う金額が大きく、各種法律に基づいて会計処理や決算資料を作成しなければなりません。1つのミスが会社全体に影響を及ぼすことになるので、常に緊張感を持って業務に取り組んでいます。私自身、経理部に異動してまだ2年弱。会計知識などまだわからないことも多く、日々勉強といった状況です。

転機になった仕事

以前所属していた、大手町営業管理部でのことです。テナントが移転し、全館で内装のリニューアル工事を実施した後、新たにテナントを受け入れるという大規模な案件を担当しました。プレッシャーは大きかったですが、貸付・入居工事から引越し、再オープンに至るまでの一連の流れを経験したことで、ビルの設備や管理に関する理解を深めることができました。また、状況の整理や、上長への報告・相談、テナントへの説明など、その部署でも役立つノウハウも身に付けることができたと思っています。

この仕事に必要な要素

経理部の視点で言えば、コツコツ仕事に取り組めることだと思います。月次、四半期単位でのルーティンワーク的な業務が大半を占めており、業務自体は単純かもしれません。しかし、もし数字が1つでも間違っていれば、会社全体にその影響は波及します。決して手を抜くことなく、集中して取り組んでいく姿勢が必要かと思います。また、専門的な知識も求められるので、勉強への意欲や向上心も欠かせません。

CORPORATE 27

日比谷 朱子

業務企画部兼経営企画室 2008年度入社

現在の仕事内容

経営企画室では、5年後、10年後、当社がさらに良い会社になっているには何をすべきかを考え、計画し、関係する部署に働きかけたり、自ら実行していくというミッションを担っています。その中で私の仕事の一つが年次計画という会社の年間目標を決める作業。中長期の経営方針に対し、現在はどのステップにいて、次の1年は何に注力すべきかを検討します。現実的ではない目標を立てても意味がありません。会社の現状を把握した上で、適切な目標を設定することが求められています。

転機になった仕事

入社4年目。丸の内営業管理部で、新丸ビルのリーダーになった時のことです。旗艦ビルを任されたプレッシャーや業務量の多さに、すぐ挫けそうになりました。先輩に愚痴や不満を吐き出しましたが、そのあと我に返り、自分の身勝手さが恥ずかしくなってきました。「自分は誰を幸せにするために仕事をするのか」という視点が欠けていたことに気づいたんです。それ以降はプレッシャーはモチベーションに変わり、仕事の優先順位も考えられるようになりました。「誰のために仕事をするのか」という問いかけは、今でも迷った時の指針になっています。

この仕事に必要な要素

当社は不動産業ですが、その一方でサービス業ともいえます。期待されているのは、どんなタイプの物件、オーナー、テナントであっても、臨機応変に適切なサービスを提供すること。ですので、好奇心や視野の広さ、何事もまずは受け止めるという度量の広さが、プロパティマネジメントというビジネスには必要だと思っています。また、経営企画室の一員としては、特定の部署の立場や意見に偏ることなく、常にフェアであることが求められます。会社の状況を見渡せる広い視野、最善の選択ができる判断力も養っていかなければなりません。

MEMBER INDEX

MJPM MEMBER TOPへ戻る