Recruiting site

LOGIN
MENU
LOGIN

MJPM MEMBER 社員紹介

運営・管理

OPERATION & MANAGEMENT 13

静光 達史

関西支店 2012年度入社

現在の仕事内容

入社後、5年間にわたり大手町で勤務した後、2017年4月に関西支店へ異動となり、オフィス営業としてOAPタワーや淀屋橋エリアの3棟のビルを担当しています。ビルに入居するテナントとの賃貸借契約交渉やオーナーとの調整では、決められた期限までに答えを出さなければなりません。立場が異なる関係者の要望を整理し、より良い結論を導き出すのはなかなか大変ですが、想定していた通りに交渉を進めることができたときには、大きな手ごたえを感じます。

転機になった仕事

入社3〜4年目の頃に携わった、新ビルの立ち上げ業務が印象に残っています。担当したビルは、大口のテナントが竣工とほぼ同時に入居することが決まっており、そのため、竣工の1年以上前から、テナント向けに入居後の運営に関する説明を行うとともに、入居のスケジュール調整等を行いました。新ビルの立ち上げ業務では、様々な事柄を一から決める必要があり、さらには大口テナントの入居対応ということで、プレッシャーはありましたが、無事に入居が完了。テナントから感謝の言葉をいただけたときは、ほっとしたと同時に、かつてない達成感を味わうことができました。

今後の目標

基本的に、テナントとの契約交渉が多い仕事。ですので、テナントの大小に関わらず自分の力で契約をまとめられるようになりたいと思っています。入社以来、多くのテナントと入居や期間延長などの交渉に臨んできましたが、上司や先輩の指導を仰ぐケースもまだ多いです。これからも、報告・連絡・相談を徹底した上で、自分の責任のもと、契約に関する一連のプロセスを自分の手で完了させたい。そして多くの経験を積んで、営業としてさらに成長したいですね。

OPERATION & MANAGEMENT 14

林 彩香

SC運営統括部 2012年度入社

現在の仕事内容

商業部門の全体運営方針や、商業PM業務を実施する上での基準となるガイドラインの策定、さらには「大丸有のエリアマネジメント」などを担当しています。商業を取り巻く状況や課題を把握し、他のエリアとどう戦っていくか。来街者に快適に過ごしていただくには何が必要かなどを検討し、実際の施策へと落とし込むのが期待されている役割。また、丸の内アンバサダーの事務局も担っており、大丸有エリアの就業者や来街者に"おもてなし"を提供する取り組みを企画し、この活動が社内外へより浸透するように働きかけています。

転機になった仕事

入社3年目、横浜支店でオフィスの営業担当をしていたとき。テナントのフロア増床工事とレイアウト変更工事を、同時に行った案件が印象に残っています。2年目までは先輩と一緒に仕事を進めていましたが、3年目から自分が主担当となり、さらに、自分自身がトレーナーとして新人を教える立場になりました。それまで大掛かりな工事の経験がなく、新人の指導も初めて。不安と戸惑いはありましたが、周囲の協力も得て無事に工事をやり遂げることができました。新しいことに挑戦したこの経験は、私の成長の糧になりましたね。

この仕事に必要な要素

「こんな街を創りたい」という"想い"だと思います。新しい取り組みを企画・提案し、それを形にしていくことはとても労力の要ること。ときには、反対意見が出ることもあります。それでも、自分が考えていることを実現させるためには、周囲を納得させなければなりません。そんな状況で必要なのが、確固たるビジョンや熱意。それが周囲に伝われば、物事を動かしていく力に変わると思います。「日本が誇る街、丸の内」を実現できるよう、これからも想いを持って仕事に取り組んでいきたいです。

OPERATION & MANAGEMENT 15

関口 貴裕

名古屋支店 2012年度入社

現在の仕事内容

名古屋を代表するビルの一つである大名古屋ビルヂングの商業店舗の営業担当をしています。テナントへの営業状況のヒアリングや面談、入居希望の店舗との契約交渉に加え、テナント会に向けた研修や施設のプロモーションなど、幅広い業務を任されています。仕事ではテナントと交渉する機会がよくありますが、お互いの思惑が異なるのですぐ決着するわけではありません。お互いに歩み寄ってバランスを取りながら、着地点を見つけます。難しさもありますが、その分やりがいも大きいですね。

転機になった仕事

以前、丸の内に勤務していたときのこと。担当していた東京ビルディングが竣工10周年を迎えましたが、それは同時に多くのテナントの契約期間が終了するタイミングでもありました。そこで施設全体として、今後の方針を検討。私は各テナントとの再契約交渉や、改装の要望があったテナントとの工事調整など、数多くの業務を任されました。交渉や工事の期間にはリミットがあるため、体力的にも精神的にも厳しい時期はありましたが、周囲の人たちの支えもあり、完遂。多くの関係者とともに無事に開業10周年をむかえることができた時は、今までにない達成感を味わうことができましたね。

この仕事に必要な要素

ビルのオーナーやテナント、工事会社や清掃会社などの協力会社。ビルを運営管理する中で、様々な関係者と接することになります。それぞれ立場が違うので、意見を調整し、まとめ上げる力は必要だと感じています。また、意外な点としては文章力でしょうか。テナントとの交渉記録やトラブル対応の経過などは書面として残しますし、仕事の中ではメールも頻繁に送ります。文章力があれば相手にしっかり意図を伝えることができますし、スピーディに仕事を進めることもできると思います。

OPERATION & MANAGEMENT 16

福田 祥子

SCリーシング推進部 2012年度入社

現在の仕事内容

東京の丸の内・有楽町エリアをメインに、店舗リーシングなどの業務を担当。店舗リーシングとは、新しい店舗を探し、出店交渉をすること。常にマーケットの状況をチェックし、各業界とのコミュニケーションを図っています。三菱地所や社内の関連部署と連携した店舗誘致で、「オフィスワーカーやエンドユーザーの目線に立った、魅力的な街づくり」「ビル収益の改善」を実現すること。また、外部オーナー物件の獲得に向けた「リーシング機能を備えたプロパティマネジメント会社としてのノウハウ構築・競争力強化」が期待されている役割です。

転機になった仕事

入社3年目に携わった、店舗の大規模な改装が印象に残っています。当社では、最初の2年間は上司や先輩から業務を学び、3年目に独り立ち。私にとってちょうどそのタイミングで、ある店舗での大きな改装に携わることになりました。大規模な改装業務は初めてでしたが、私が主担当に。経験がないので、分からないことばかり。苦労は多かったですが、改装オープンした時はとても感動しましたし、店舗や本部、協力会社など関係者との距離が近くなり、その後はより円滑なコミュニケーションがとれるようになりました。

今後の目標

当面の目標は、三菱地所グループとまだ取引のないテナントを発見し、誘致することです。三菱地所や当社では、幅広いネットワークから多くのテナントとのお付き合いがあります。そうした中でも、自分の手で新たな店舗を探し出し、入居いただくことで、私自身の存在価値を示していきたい。そして、それを通じて施設や街全体のブランド価値の向上、欲を言えばテナントの価値向上にもより貢献できればと思っています。

MEMBER INDEX

MJPM MEMBER TOPへ戻る