Recruiting site

MENU

MJPM MEMBER 社員紹介

運営・管理

OPERATION & MANAGEMENT 01

川越 史歩奈

丸の内営業管理部 2016年度入社

入社の動機・きっかけ

最先端の高層ビルが立ち並び、国際色豊かな人たちが働く日本有数のビジネス街。その一方で、昔の面影を残した美術館や緑豊かな通りもある。そんな丸の内という街に、学生の頃から憧れていました。その影響からか、就職活動を始めると、自然と「街」に関わる仕事に興味を持つようになったんです。街への関わり方を考える中、様々な人々の居場所を調和させて出来上がった街を、自分で育てていく仕事ができることに魅力を感じ、この会社で働くことを選びました。

現在の仕事内容

丸の内営業管理部で、丸の内永楽ビルディングの営業を担当しています。テナントの契約関係の手続きや工事管理、設備修繕計画の作成などが主な業務。場合によっては、株主総会のお手伝いといった、テナントの業務に大きく関わる仕事に携わることもあります。このビルは事業者が複数ということで、関係者間の細かい調整など大変な事にも直面します。わからないことも多いので、上司や先輩の協力を得ながら日々業務に取り組んでいます。

仕事で気をつけていること

「自分で考えること」を大切にしています。入社から間も無いため、自分で考えるより周囲に聞いた方が問題を早く解決できることは正直多いです。でも、自分の考えと周りの意見とを比較することで自分の弱点や足りない部分に気が付くことができ、結果として成長しているという実感を得られるので、とにかく考えるようにしています。今は目の前の仕事を失敗せずに終えることに精一杯ですが、たくさん経験を積んで、早く自信を持って仕事ができるようになりたいですね。

OPERATION & MANAGEMENT 02

髙橋 優希

有楽町営業管理部 2015年度入社

入社の動機・きっかけ

学生時代、ショッピングセンター内の飲食店でアルバイトをしていたときのことです。私の働いていたお店は売上が低迷。お店のみんなで打開策を模索していました。その中で、ショッピングセンターのプロパティマネージャーの方が販促方法を提案してくださり、そのおかげで窮地を脱することができたんです。このことをきっかけにPMという業種に興味を持ち、その中で特にスケールの大きい仕事ができるという点に魅力を感じて、この会社に入社しました。

現在の仕事内容

有楽町営業管理部で、新国際ビルの営業を担当しています。新国際ビルは、三菱地所が「大丸有エリア」と呼ぶ地区の中心にある規模の大きい建物。50年以上の歴史を持つ築年数の経ったビルですが、現在も約120のオフィス・店舗に入居いただいています。日々の管理上のお話から契約関係の交渉など、業務は多岐に亘ります。業務は基本的に営繕や設備、管理担当など他のスタッフと一緒に進めていくので、知識を深めながらプロジェクトに取り組んでいくことが大切です。

仕事での難しさ、やりがい

担当しているビルは築年数が経っているので、たとえしっかりと日常管理をしていても、工事や修繕の回数は新しいビルに比べ多いと思います。私はまだ経験が浅く、知識も足りない部分があるので、効率的に業務に取り組めていない点が課題ですね。ただ、マニュアル外の問い合わせが寄せられた際、最善の対処方法を自分で判断し、良い結果に結びついたときには、自分の成長を感じることができて嬉しいですね。

OPERATION & MANAGEMENT 03

桑田 由季

ソリューション第二事業部 2015年度入社

入社の動機・きっかけ

就職活動を開始した直後から、街並みの景観を作り上げているビルの存在感に漠然と憧れを持つようになりました。そんな中で当社の説明会に参加し、ビルを点ではなく「面」で管理していること、さらにはビルで働く人や街を訪れる人といった「人」に対しても目を向けて、ビルの運営管理をしていることを知りました。PMの会社は数あれど、そのような姿勢で街づくりを行っている会社は他には見当たらず、魅力的な会社だなと思って入社を志望しました。

現在の仕事内容

東京にある、5棟の物件の運営・管理を担当しています。いずれも外部オーナーが所有するビルで、オーナーの物件に対する考えによって業務範囲や進め方はさまざま。運営管理だけではなく、営繕工事や賃貸営業など関わる業務範囲も広いです。難しさはありますが、日々勉強のつもりで仕事に臨んでいます。共通の業務としては、1ヶ月および1年間の賃借状況や収支などをオーナーへ報告するための書類作成があり、ビルの状況の把握と今後必要な取り組みの確認にもなるので、丁寧に作成するよう心掛けています。

仕事での難しさ・やりがい

ビルに何らかのトラブルが発生した際、オーナーやテナントの窓口となってやりとりを行うのは営業です。しかし、実際に作業をするとなると、営業だけでは何もできません。設備や電気、建築といった分野の専門家や、ビルに常駐しているビルマネージャー、さらには協力会社の助けが必要となるのです。ビル管理に関わっている多くの人の中から、どの分野の人に何を依頼するのかを迅速に考え、判断することに難しさは感じますが、協力して無事にトラブルを解決できたときは、自分の役割に対して確かな手応えが感じられます。

OPERATION & MANAGEMENT 04

島田 智佳

首都圏営業管理部 2015年度入社

入社の動機・きっかけ

就職活動中の合同説明会で大手デベロッパーの話を聞き、不動産業界に興味を持ちました。業界研究を進めるうちに、不動産業界の中でも「管理・運営」というビジネスがあることを知り、自分に合っているのではないかとPMの会社を志望。この会社に辿り着きました。事業内容の魅力はもちろんですが、会社の雰囲気の良さや、面接が進んでいくにつれて「誠実な会社だな」と感じたことが、入社を決断した一番の理由だったように思います。

現在の仕事内容

現在は首都圏営業管理部に所属。東京・豊洲エリアの物件を2棟担当しています。いずれも1階に商業店舗、2階以上に事務所テナントという複合型ビルで、私は営業として主に契約関係の業務に従事。テナントの入退去における手続きや、清掃や設備点検といった日々の管理面での手続きなど、契約関係の業務を幅広く経験ができるところが特徴です。臨機応変に判断しなければならない場面も多く、現場のメンバーと営業の先輩方に相談しながら業務に取り組んでいます。

仕事で気をつけていること

テナントに対してもそうですが、社内で関わる人に対しても、感謝の気持ちは忘れないよう心がけています。私の部署は営業、現場、工事と様々な役割の社員がおり、さらに事務のスタッフとも連携しています。私はまだ2年目ということもあり、自分1人でスムーズに仕事を進めていくことはなかなかできず、周囲のサポートは欠かせません。チームには信頼関係が大切で、それがあることで円滑に仕事ができますので、思いやりや尊敬の念を持って相手と接するようにしています。

MEMBER INDEX

MJPM MEMBER TOPへ戻る